安心して運転するためには|車検を受けようか迷っている人

快適にカーライフを楽しむ

自動車

最初は車の購入費用のみに注目しますが、購入後には必ず、ガソリン代のような変動費と数年に一度必ず受検しなければならない車検等の固定費が掛かります。ガソリン費用は乗車距離に比例しますが、車検費用は購入してからの年数が大きく関わってくるので、注意が必要です。新車で購入すれば、その3年後、そしてそれ以降は2年毎に受検が必要です。この車検費用は法定部分を除けば、それ以外は車検を担当する会社によって左右される部分が多く、言いなりになると法外な値段を要求される事があります。従って、事前に本などで点検内容について、勉強して置く事をお勧めします。特に判断をしなければならない点は耐用部品で、多少の知識の蓄積が必要です。

一般には、車の購入したディーラーに車検も依頼するのが楽ですが、交換部品の耐用年数等はかなり余裕を持たせてある場合が多く、割高に成り易い傾向があります。従って、車検だけを専門にしている会社に依頼する方法があります。但し、この場合は車検前に、その会社のエンジニアと見積もり折衝をする必要があり、ある程度の自己判断を問われる事になります。良くあるケースは、エンジンオイルの交換有無、空気フィルターの交換有無等です。これらは費用的には少額ですが、もう少し割高なものとしては、タイヤ交換有無とかバッテリー交換有無とかを問われます。全てを安全第一と考えると、交換すべきとなりますが、全てをエンジニアに任せると、当然ながら割高になってしまいます。多少、車に知識のある方は、自己責任の下に、費用削減にトライしてみてください。

Copyright © 2016 安心して運転するためには|車検を受けようか迷っている人 All Rights Reserved.